サンシャイン・クリーニング』

最後の時間私達のセレブフットワークスパイ斑点ファット·ジョーは、彼はビン23エアジョーダン7を揺動されました. 私たちのセレブフットワークスパイ斑点ファット·ジョーは昨日トゥルーブルーエアジョーダン3を着用. ジョーイクラックはしばらくの間、このスニーカーのことをやってきたので、あなたはまもなくファット·ジョーの詳細をご覧になることでしょう. まだ人生を諦めていない人へ. まだ人生は頑張れる. まだ諦めるのは早い. そう温かく教えてくれる愛すべき映画でした. このプロデューサーたちの前作 『リトル・ミス・サンシャイン』 ほどの感動や笑いはありませんでしたが、それでも見終わった後に涙で心が洗われたような清々しい気分はとても気持ち良かったです. OPわずか2~3分でテンポよく、しかも無駄なく描かれる、高校時代は学園のアイドルで輝いていたのに今はしがないシングルマザー生活を送っている姉ローズと、父親に面倒見てもらいながら自堕落な生活で仕事もクビになってしまう妹ノラ. でもローズは不倫相手の元彼に頼ったりしては自分が弱いのを隠すために必死に頑張っているだけ、ノラはクライアントの遺族に会いにいったり、残されたネコの面倒を見ようとしたりなど相手を想いやる優しさが強いだけというのをこの映画は 『リトル・ミス・サンシャイン』 同様に丁寧に描いているんですよね. そんな姉妹がひょんなきっかけで事件現場の清掃業を始め、その事件現場にある血や悪臭以外の「そこにいた人の生き様」を見ていくことで、彼女たちが長年のトラウマであった母の死と向き合おうと、そして彼女たちがお互いと向き合おうとする姿には心が温かくなるだけでなく、静かに零れ落ちた涙で心がゆっくりと洗われているようでしたよ. 特に彼女たちがトイレで本音をぶつけ合うシーンや、母親が出ていたTVドラマを初めて見るシーンなどはそんな彼女たちの頑張りと互いを思いやる優しさを感じましたよ. 多分人間って誰しも「死」と適正な距離を保っていないと「生きがい」を感じるなど、人生がうまくいくことってないのかも知れません. 「死」というのは一つの終わりであり、忌み嫌われるものですが、それは同時に一つの「生き様」を完成させる終止符でもあり、「その人が生きた証」がいろんな形で現われてくる出発点でもあると思うのです. この姉妹が母の死というトラウマを解消できたのも、きっと「母の死」を「母の人生の終止符」として整理できたからだけでなく、家族という大切な存在を今よりもより大切だと思えたから. そしてそれは残された家族という形をした「母親の生き様」であり、「母親が生きた証」でもある. その「証」をより強固なものにするために最後に破天荒な父親が取った行動も粋ですし、ノラが選んだ道も彼女なりの母親への向き合い方. そんな家族の優しさが見る人の心を涙で優しく洗ってくれる素敵な映画でしたよ. それにしても相変わらずアラン・アーキンの破天荒親父ぶりはいいですよね. 孫オスカーを勇気づける方法も破天荒だけれど、一番彼の気持ちを理解してくれている方法ですし、エビで失敗して娘に悪態をつくのもある意味彼女の自立を促すいい効果を醸し出しているんですもん. なんか私もこんなおじいちゃんになりたくなりましたよ~. 深夜らじお@の映画館 は姉妹というふフレーズに結構弱いです.

Advertisements
This entry was posted in Uncategorized and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s